スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 1(いち)
 
[スポンサー広告
バッティング楽しいです^p^
このブログは毎日何をして過ごしているのか把握出来ない記事ばかりですね。

今日は最近の一日の流れを書いてみます。誰得ですけどね。

仕事の話をすっぽ抜けさせていますが、毎日行っています。
最近は、8時に起きて夜20時半~22時に帰ってきています。

そこから飯→風呂→洗濯→明日の準備→前会社の事務処理に着手→メール返信
どこかの途中で力尽きて寝てしまいます。

行き倒れのように寝ると、朝、寝癖が凄かったりします。

水で濡らして整えてまた会社に行きます。

電車内では座れたら勉強中の本を読みノートにカキカキします。

座れなかったらひたすら携帯でメールの下書きをつくっています。
携帯をポチポチしている姿は端から見ると、滑稽ですよね。

私のメール作成時間は非常に長いのです。
だから長くなりそうな時はいつも、
電車内で下書きを作り、
朝や寝る前に構成し直して送っています。

そして会社に着きます。

ニュースを見たら仕事し始めます。

最近はそんな毎日です。

宿題終らせると大分余裕が生まれます。

今はさっさと終らせる事をひたすら目指します。

日に日に少しずつだけど進展し、余裕が生まれています。
早く終らせたいです。
スポンサーサイト
posted by 1(いち)
comment:5   trackback:1
[未分類
昨夜と今日あった事
母方の祖母が入院したらしい。

風邪を引く

自宅で転ぶ

動けなくなる

足先が壊疽している事が分かる

糖尿発覚

切断予定

痴呆も発覚

入院←今ここ

たった2週間程で人はこうなる事があるのか。
昨夜は慌ただしく、まだ詳細を聞けていなかったが、
今、詳細を確認した。

祖母本人曰く、以前から手足の異常を感じていたが、
靴下を履き周囲に気付かれないように隠していたらしい。

痴呆については、
一緒に暮らす叔父もまだら呆けがある事を把握していたが、
家族が誰だかわからなくなったのは今回初めてだったらしい。

そして自宅に居たとき、嫌がることで問題になっていた、
入浴・トイレの介助について、
入院先では介助を受け入れているとの事。

それは安堵した。

今後に関してはまだ検査の予定や入院期間については未定との事。

今日様子を見に行った母曰く、
飯を食い、点滴もトイレの介助も受け入れて、
母が誰であるかも、今回は認識が出来たらしい。

今後どうなるのか・・・。近々会いに行きたい。

いつも元気な祖母であった為に、にわかには信じ難い部分が自分の中にある。
posted by 1(いち)
comment:2   trackback:0
[未分類
フリスク ふりすく FRISK
いつも椅子に座ると、
ポケットの中身を机の上におく

でもなんかいつもよりいっぱい出てきた



♪ポケットの中からフリスクが1つ
 叩いてみるたびフリスクが増える♪

状態だった

おいおいまだ出てくるぞ みたいな

自宅にもうひとつ買い溜めがあるから折角ならそれもそろえて撮りたくなった

何が「折角」なのかはよくわからないけど

きっと7つそろえたら願い事がかなうんだろうね

このライムグリーンの配色を店頭で見つけると
テンションがあがってしまう位ライムミント味がすきです

wwwwwwwwwwwライムミソトタソみっけwwwwwwwwみたいな

ライムミントや、ちょっと見ない間に大きくなって・・・抱っこしてもいいかいみたいな

ライムミントのおかげで背が5cm伸びましたみたいな

ちょっと頭が残念な子なんですハイ
posted by 1(いち)
comment:1   trackback:0
[未分類
「で、僕はいったい何をどうしたらいいの?」
ここ最近、考えをまとめるときにお世話になった、
個人的によく使う情報の整理方法の一つを紹介してみます。

簡単に一文で説明すると、
箇条書きにして後から分類するだけです。

ドウイウ事か?というと、手順に分けるとこうなります↓

1、思いつきをとにかく出す
  思いついたことを小さなカードに何枚も書き出していく

2、思いつきのグループ化
  たくさん散らばったカードをなんとなく似たようなもの同士で重ね
  重なったグループにグループ名をつける

3、グループの図解化
  グループを似たもの同士で並べたり、
  「これが終わらなきゃこれは出来ないな~」といった順番で並べる

4、文章化
  出発点のカードを1枚選んでいちから終わりまでの流れを文章化する

これはKJ法という、文化人類学者川喜田二郎氏が提唱した
情報整理の為のフレームワークです。
イニシャルのKとJをとって名づけられているんですね。

元々自分は、この方法の存在を知らず、
たまたま似たような方法でいつも情報整理をしていました。

そのやり方は少し違っていて、

PCのメモ帳に思い付いた事を、
それはそれはくだらないつぶやきみたいなのも含めて極めて自由に書きだし、
「切り取り」+「貼り付け」で
「これとこれはとりあえず同じ枠組みだな~」とか
「これはこれが終わらないと作業始められないじゃん」とか
「これは同時進行できるな~」といった順で順番を組み替えて、
最終的にはいちから作業完了までの作業タスク表を作っていました。

そして最近KJ法を知り、このような発想方法が世の中にあることを知りました。

KJ法以外にも情報整理の為のフレームワークは数多く存在します。
またそれ以外に各個人の中にだけ存在する独自の解決法の数は計りしれず、
さらにそれらは組み合わせて利用することもできます。

理論だけ知識として得ていても意味は成さないけれど、
「こういうやり方があるんだな、なるほど。」と思った時点で、
自然と必要時に脳内フォルダから、
インプットされていた方法が引き出されてくる事がある。

これらの解決法は「知っておくと便利かもね」という程度のものだけど、
知っていて損をするものではない。

今回は、そんな解決方法のひとつのご紹介でした。

この方法で幾度問題解決をしてきた事か。
私にとっての頭の上がらない大先生を発表してしまうそんな気持ちなのでした。
posted by 1(いち)
comment:3   trackback:0
[未分類
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。