スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 1(いち)
 
[スポンサー広告
見た目で伝えるコミュニケーション-はじめに-
相手との会話は言葉でのやりとりともう一つ、
「深層心理に話しかける」という会話もある。
それはどういう事かというと、意識下にある通常の会話と違って、
「意識下にない無意識の潜在意識」に訴えかけるという事だ。

その手段として今回記載していくのが
「見た目で伝えるコミュニケーション」である。

「見た目で伝える」というのはどういう事なんだろうかというと、
相手の「潜在意識」に対して、こちらから意図的に「視覚的な情報」
を与える事で、こちらの伝えたい事を伝えていく、
という一つのコミュニケーション手段である。

では我々は、自分たちの中にある「潜在意識」において
「視覚的な情報」から、一体何を判断していっていると言うのだろうか。
その項目は多種多様に存在し、
これから一つずつそれらの各項目を説明していこうと思うのだが、
その前に、「なぜそんな事をする必要があるのか」という
背景から説明していきたい。

もしかしたら
「そんなの誰も見ていない事」なのかもしれない。
だとするならば、逆に
「もしかしたら見られている事」なのかもしれないと言える。

自分では意識していなかった部分を見られ、
意図して伝えたいものが伝わらなかったとすると、
それは非常に勿体ない。

例えば、あるシーンを想定して話してみよう。

今日あなたはかねてより会いたかった初対面の人と会うとしよう。
前もってお店の下見をした上で予約をとり、お風呂に入り、
自分が持っている中で一番のお気に入りの服を着て、
万全の体制で家を出た。しかし、相手はあなたを見て
「セーターに毛玉がついている」事に気付いてしまった。

毛玉がついている事で相手にどのような情報を与える事ができるのだろうか。
想像してみる。

・新しい服を買うお金がない
→仕事は?その他の金銭感覚は?
・お気に入りの服を長く着るタイプ
→こだわりがある?物を大事にする?服に無頓着?
・毛玉がついている事が気にならない
→細かいところを見ないという事はその他の部分ではどうなんだろう?
・毛玉をとる時間がない
→忙しい理由は?時間をうまく使えていないのか?
などなど。

本来は「あなたに会うために今日はオシャレをしてきました」というのが
あなたの真意であるにも関わらず、相手は
「この人今日はどうでもいい格好をしてきたんだね」
と思われるかもしれない。

もしくは
「今日はお互いに楽しい日を過ごせる為に
 念入りにお店の手配をしてきました」
というのがあなたの誠意だとしても、
「この人細かいところに気を配れない人だから、
 今日もきっと細かい配慮してくれないんだろうな」
と思われてしまうかもしれない。

これはとても悲しい事だ。

出来れば、「視覚的な情報」が「相手に与える心理効果」
というものを把握しておくと、「見た目で伝えるコミュニケーション」
ができるようになり、自分自身においても、
よりよいコミュニケーションが可能になってくるだろう。

以上の前置きをおいて、これからより実践的な
「見た目で伝えるコミュニケーション方法」
について記載していきたいと思う。
スポンサーサイト
posted by 1(いち)
comment:5   trackback:0
[見た目で伝える
見た目で伝えるコミュニケーション法-まとめ-
コミュニケーション方法について。

私は営業、販売、接客をしてきました。
そこで学んだ事を元に
今回は「見た目で伝える事」にテーマを置いて
友人や家族、ビジネスにおいても使えるコミュニケーション方法について、記述します。

まず最初に、参考にしていただきたい、前知識について。
【前知識】

1、「第一印象」を判断される秒数というのは、初見から5~6秒である。

2、人に与える印象のその内訳と割合とは
 ・見た目、表情、しぐさといった「視覚情報」が55%
 ・声の質や大きさ、話し方といった「聴覚情報」が38%
 ・話の内容などの「言語情報」が7%

3、人は表情を意図的につくる場合、
  普段つくる頻度の高い表情のほうが、
  意図したものと正しい認識を相手に伝えることができる。

【第一印象をつくる行程】

1、見た目と表情
2、動作、態度
3、話し方
4、話の内容

一瞬の情報全てが相手の判断材料となり伝わっていきます。

しかしこれらはあくまで実験結果であり、
たとえば話の内容があまりにも強烈であったり、
さまざまな要因が増えることで大きくかわってきます。
ただ、このような実験結果が出たということは事実である為、
傾向として存在することを把握していただければと思います。

次に、初見同士で対面する場合のお互いの心理構造について記載します。

【心理構造】

人はそれぞれプライベートを固有しています。
まずお互いに、相手に自らのプライベートを明かす事はデメリットにならないか、
様子を伺う作業をすることでしょう。
そこで効果的なのは、先手を打って
「私はあなたに敵意はありませんよ」ということを深層心理に訴える事です。
そうすることで、相手はあなたに「親しみやすさ」を感じることができ、
さらには先手をうつことで、話の主導権を握りやすくなります。

ではこの心理構造を踏まえたうえで、具体的な方法について記載していきます。

項目に分けて説明をします。

【項目別注意点】

1、挨拶時のおじぎ

[ポイント]
・小さく何度もぺこぺこしない
・挨拶は前へ45度、3秒をかけてお辞儀する
・腰から曲げる
・背中はまるめない

2、表情

上記にも記載したように、
「私はあなたに敵意をもっていない」ということを伝える為の手法として、
「笑顔」があります。
そして、親しみやすさを感じてもらう為に「表情を豊か」にします

[ポイント]
・黙っているときも口角をあげる
 →口角が下がっていると不満がある印象を与える
・笑顔をつくる時は左右対称に口角をあげ、頬と目の筋肉も使う
 →目が笑っていないと相手に意図的な表情であることが伝わる

これらは一夜漬けや付け焼刃で身につけるには難しいことなので、
日ごろから意識して練習を行うことが必要です。

[ポイント]
・鏡を見て表情の練習をする
・日ごろから余裕をもった生活を心がける

3、視線

[ポイント]
・相手の目を見て話す
・凝視はせず3~5秒に一度目線をはずす
・視線のはずし方は大きくはずさず、口、あご、みみなど狭範囲でずらす
・ゆっくり動かさず点と点を移動するように一瞬で良い

人が大勢いる場合は

・全員の顔を同様に上記の3項目を行う

4、アゴの角度

[ポイント]
・上に20度以上上げすぎない(横柄な印象を与える)
・下に20度以上下げすぎない(臆病な印象を与える)
・左右に傾けない

逆に、少し自信をもって意見をしたいときはあごをあげ、
相手に話しやすい雰囲気をつくるにはあごをさげると効果的です。

5、手元

[ポイント]
・腕を組まない(横柄な印象と疑い深さを持っている印象を与える)
・ポケットに手を入れない(横柄な印象を与える)
・もじもじと指を動かさない(自信のない印象を与える)
・手と手を重ねて体の前側で組む(利き手を隠すとよりよい)
・話途中に髪や鼻を触らない(話の信憑性を失い、自信のない印象を与える)

6、髪型

清潔感を与えることが重要です。
パーマやくせ毛でも問題はありません。

[ポイント]
・髪をきちんと洗う
・前髪で目が隠れないように
・首筋と耳が出ているとより清潔感を感じられる

7、服装

こちらも清潔感がキーワードとなります。
汚れがあったり着崩していると日常生活においても
不衛生な部分があるのではないかと判断されますので気をつけましょう。

[ポイント]
・清潔な服
・サイズの合った服
・派手すぎない服
・一目でブランドがわからない服

上記を踏まえた上でオリジナリティを出せる服選びを心がけると良いでしょう。

8、時計・かばん・アクセサリーなど

時計やかばんなどは非常に本人の性格が現れます。
良い印象を与える為には、
・高そうな時計をしているな
・他の部分も派手好きなのかな
などといった想像をさせないような、シンプルなデザインのものが効果的です。
上記を踏まえた上でオリジナリティを出せる物選びを心がけると良いでしょう。

9、歯

笑顔を見せたときに
汚れていたり虫歯が見えたりすると、
相手に悪印象を与えます。
また、自信のなさから笑顔がつくりにくくなる事もあるので、
歯の手入れも忘れずに行うと良いでしょう。

---以上---

上記のことを念頭においておくと
・初めて会う人と仲良くしたい
・面接で好印象を与えたい
・顧客獲得を目指したい
・プレゼンテーションを行いたい
などどのような人生のシーンにおいても応用することができると思います。

それぞれの項目を短絡的にまとめてしまいましたが、
また各項目ごとにさらに内容を掘り下げて後述したいと思います。
参考になりましたら幸いです。
posted by 1(いち)
comment:4   trackback:0
[見た目で伝える
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。