スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 1(いち)
 
[スポンサー広告
スイッチのONとOFF
数少ない友人の中の一人、
サバサバした性格で楽観的な友人A(仮名)に、
つい最近電話で悩み相談した時の話。

この友人Aは、本当にサバサバしていて、
スイッチの切り替えが早い。

たまに、「お前それ本当にそう思ってんのかよ?」
って、建前で言っているのが丸見えな時もある。とはいえ、
スイッチの切り替えができるという点は、
非常に参考にさせてもらいたい部分である。

そして、自分が悩みを相談した時に、こう言われた。

「鬱の友達がいて、こないだその人にも言ったんだけど、
 スイッチを実際にやったらいいよ」

ワッツ?って思った。

「だから、単体で売ってるスイッチを買って、
 『ON!』とか『OFF!』とかいって、
 自分のスイッチを入れんの」

何いってんだこいつは???と思った。

「ギャグで、その鬱な友人にこないだ誕生日プレゼント渡したんだよね。
 『これで自分のスイッチのON,OFFを切り替えたらいいよ』って、
 ホームセンターで買ったスイッチを!!!!」

へえ、それは面白いかもなって言ったら、

「自分もギャグのつもりだったんだけど、
 その友人『マジでありがとう!』とかいって喜んでた」

だそうで、
自分もスイッチを購入するか?と検討してみましたが、
実際やってたらちょっと恥ずかしいっていうか、
ついにあの人、気がふれちゃったかっていうか、

「なんか、いつもポチポチやってるそれ何?」とか心配されたりして、
「はい、私のスイッチです」って真顔で応えたりして、
「へ、へえ・・・・そ、そう・・・」っていう、
微妙な流れになったりして。

はい、購入については今回は先送りにさせて頂きましたが、
「そこにスイッチがあるつもりで」自分のスイッチの、
ONとOFFを意識してしっかり切り替えてみるというのも、
いいかもしれないなと思いました。

ちなみに、友人Aがプレゼントに買ったその「スイッチ」というのは、
ホームセンターなどで、独立した形の単体で商品として存在しているらしいですよ。
おそらく、パーツ販売されているものなのかもしれませんね。
スポンサーサイト
posted by 1(いち)
comment:0   trackback:0
[友人の話
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。