スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 1(いち)
 
[スポンサー広告
ホワイトデー
今日はホワイトデーなのでホワイトデーについて調べてみました。

■日本で始まったのはいつからか:
 全国飴菓子協同組合の発案により1980年に始まった。

■なぜそれを作ったのか:
 全飴協の木戸脇太郎理事長が中心となり各メーカーと共に、
 「キャンデーの需要拡大をはかる為」に発端。

■世界各国で行われているのか:

 日本・韓国・台湾で行われている。

■ホワイトデーの主旨:
 バレンタインデーのお返しをする日。

■あげるもの:
 お菓子、食事、アクセサリー、など決まった形は無い。

■絶対にあげなきゃいけないのか:
 必須ではない。ケースバイケースによる判断が必要。

■バレンタインデーの由来:

 恋愛による兵士の結婚禁止令があったが、
 キリスト教司祭ウァレンティヌス(バレンタイン)は秘密で兵士を結婚させ、
 2月14日に処刑された。 その日を記念して設けられたものである。

■ホワイトデーの由来:
 処刑からのひと月後の3月14日、
 その兵士と女は改めて永遠の愛を誓い合ったと言われている。
 「ホワイト」は飴の原材料が白色である事から名称された。



という事らしいですよ。

ホワイトデーは一般的に、
「メーカーの陰謀だ」
「惨めな思いをするからなくなればいいのに」

などと言われたりもしますけど、

風潮に格好つけて
「べ、べつにあげたくてあげてるんじゃないんだからねっ!!」
と渡す事も出来るし、
高所得層はおおいにこれを機会にお金を使って、
景気向上に貢献してもらいたいですし、
そういった面では悪くないものだと思う次第です。

「ホワイトデーのお返しにはバレンタインの3倍返し」なんて
女性の陰謀による流行が生み出されだしたりもしましたが、
(※言葉の表現はネタです)
経済の為に、貯め込んでそうな男性にあえて
バレンタインデーにプレゼントを渡すのもいいかもしれませんね。

使いもせずに貯めこんでる男性にはどうぞ世の中の女性達は、
どんどん狙い撃ちをしてお金を引き出してあげた方がいいと思うのです。

ただ貯めこんでるかどうかわからない人の懐にめがけて
3倍返しを望むのはやめてあげて下さいと。
経済効果も見込めないし、お互い良い結果は得られませんからね。

とまあ経済効果は単なる事後効果なので、
人はバレンタインデー・ホワイトデーについて、
「人から頂く好意」「感謝の気持ち」というものの
何事にもかえられない価値を重んじて行動したいものですよね。

「経済貢献の為に高価な物を買った」とか
「見返りを期待して高価な物をあげた」というのが
贈り物をする際の動機となると悲しいものです。

けど
「経済の為を考えただけで、
 べ、べつにあんたの為に高価な物を買った訳じゃないんだからねっ!」

という言い訳は少し可愛気があるなと私は感じてしまいます。


参考サイト:
 ホワイトデー公式サイト
 http://www.candy.or.jp/whiteday/
 全国飴菓子協同組合
 http://www.candy.or.jp/

プレゼント傾向参考URL:
 2006年貰って嬉しいもの困ったもの
 http://www.oricon.co.jp/news/ranking/15292/
 2007年ランキング
 http://www.oricon.co.jp/news/ranking/42669/#rk
 2008年お菓子以外にプレゼントしたいものランキング
 http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/whiteday_present_2008/
スポンサーサイト
posted by 1(いち)
comment:0   trackback:1
[季節行事の話
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。