スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 1(いち)
 
[スポンサー広告
連想ゲームみたいな話の仕方
連想ゲームみたいな話を仕方をしてみる。

今日もバッティングセンターに行った。
けど2球くらいしか当たらなかった。
全部バッドが球の下を空振り。
恥ずかしい。

そんで素振りの練習をしよう!と思って、
小さい頃使ってたバッドを探しに実家に行って、
倉庫みたいなのをゴソゴソと探したけど、
見つからなかった。

バッドと言えば、高校の時に友達の家に行ったら
そこのお母さんと友達が喧嘩し始めた会話を思い出す。
友達母「あんた!バッドなんか持って何をしようって言うの!?」
友達 「何もしねえよ!」
友達母「それで殴ろうって言うんじゃないだろうね!?」
    バシイ!カランカランカラン・・・
友達 「おい!お前俺の思い出のバッドに何すんだよ!」
友達母「思い出のバッドで何かしようとしてたのは自分でしょ!」

っていう会話でフイタ事がある。

その会話はまだ続いてて、
友達母「あんたそんなんだから昔みたいに、
    とうきょうきょひ、とうきょ、とうきょうこうひ・・・」
友達 「東京コーヒーって何だよ。登校拒否だろ!」

っていう会話でさらにフイタ事がある。
殺伐としてるのか漫才してるのかよくわからなかった。

そういえば昔、
友達と三人で野球やってて、
自分が打者でボールが来たからフルスイングしたら、
見事にいい当たりの感触がバッドから手に伝わってきたんだけど、
キョロキョロしても球がどこ飛んだかわからなくて、
ふと見たら足下にボールが転がっててさ、
「?」と思ったら、
キャッチャーしてた友達が頭抱えて地面に倒れてたのね。

おもいっきり友達の頭をインパクトとらえてたの。
ありゃー酷い事をしたな、と未だによく思い出しますね。

友達に酷い事をしたなーって言うのだと、
幼稚園の時に父親に柔道教えてもらってて、
自分の中でマイブームだったもんだから、
幼稚園の同級生にふざけて何の身構えもしてない時に、
不意に背負い投げをしてしまったんだよね。
それも2度程。
1回目は体育館でやって、
2回目は最悪な事に投げたら階段から落ちていってしまった。
あれは本当に酷い事をしたなと、今もよく思い出します。

幼稚園の時の体育館なんて、当時はもの凄く広く見えたけど、
グーグルのストリートビューが出来て、
自分が通ってた幼稚園を見に行ったら、
もの凄く全てが小さくて、
園庭のバスケットゴールなんか、ダンク出来そうな位低かった。

ストリートビューが出来た時は、
本当に画期的に思えて、
昔住んでたところなんかを色々見に行ったなあ。
延々と、通学路だった遊歩道を歩いてみたり。

その遊歩道っていうのが昔、変な人が多い遊歩道で、
よく「10円あげるよ」とか「日本語ノ練習サセテ下サイ」
とか、知らない人に話かけられていた。
自分の兄弟も同じく知らない人によく話しかけられてたらしい。

小さい頃はよく知らない人に話しかけられてた。
みんなそうなのかな?結構怖かった。
よく言われたのは、
「ねえ君、ちょっと気になったんだけど、
 男の子?女の子??」とか話しかけられたあげく、
「そうなんだ、じゃあこれあげるね」
とジュースとか小銭を渡される事があった。
今思うと怖すぎる。

田舎や下町でもなかったんだけど、
20年程前ってのはそういうのが許される時代だったんだろうかね。

そしてそろそろ寝て、
明日もCSSの勉強を、頑張る。
スポンサーサイト
posted by 1(いち)
comment:3   trackback:0
[友人の話
「やらなきゃ出来ない奴と同じで意味が無い」
小学校からの腐れ縁の友人「ユウ(仮名)」の話。
もとい、「ユウの姉(当時30才)」の話。

ユウの姉は、一言で言うと「元ヤン」である。
現在は子持ちで落ち着いた生活を送ってはいるが、
性格は今もキツく、とてもサバサバしている。

中学3年、季節は受験シーズン、
毎日のようにユウの家で受験勉強をしていた時のこと。

この日は
・ユウ
・ユウの叔母
・ユウの姉
・自分

の4人がその場に居た。

会話は自然と勉強の話になる。

ユウの叔母「勉強の調子はどうなの?」
ユウ   「いや、全然だめだよ、もう・・・」


ユウの偏差値は低く、
高校を沢山の選択肢から選ぶ事は出来ない状態だった。
しかし、両親の方針から合格は難しい高校を受験するように言われていたのだった。

ユウの叔母「ユウは昔っからやればできる子なんだからねえ」
ユウ   「うん・・・」


「やれば出来るんだから」よく聞く会話のやりとりだ。
そう思っていると、ユウの姉が口を開いた。

ユウの姉 「『やればできるやればできる』ってね、
      やらなきゃ出来ない奴とおんなじで意味ないんだよ
      コイツは『やらなかった』んだからしょうがないんだよ」

ユウ   「うん・・・・」
ユウの叔母「そうは言ってもねえ・・・」


「やればできる」けど「やらなきゃ意味が無い」
例え能力があったとしてもそれに甘んじて
行動と結果を出さなければ何の意味もなさないのは当たり前の事。
同じような意味を持つ言葉に
「俺はまだ本気出してないだけ」「本気出したらスーパーマン」
という言葉がある。
「大切なのは結果と行動である」
これは受験、仕事、人との接し方、全事象においても共通するものであろう、
と思う。

この言葉は、今も尚忘れる事なく自分に大きな影響を与えている。
posted by 1(いち)
comment:6   trackback:0
[友人の話
人の道にそれる事とは
中学時代の話。

当時、ロック(Rock 'n' Roll)が好きだった。
音楽もそうだし、精神としても好きだった。

精神というのは、
これという定義や正解がある訳ではないけれど、
「古くさい既製概念や社会体制などに対する怒りを表現する」
というのが一般的な共通認識だと思う。

この「間違った既成概念」と戦うには、
自らの中に「これ」という明確な正義が存在しないと出来ない。

自分はというと、
ただなんとなく共感していた。
「ロックな生き方とはなんぞや」と考えて
行動していた訳ではない。
明確な芯があったのかというと、わからない。
はっきりとは無かったが、
模索したまま、間違っていると思ったものに反抗していた。

ただ、なんとなく思っていたのは、
「何をしてもいい。けど人の道にそれる事だけはしない。」
だった。

言葉にすると非常に青臭い。

・・・

中学時代は、不良グループなるものが存在していた。
髪を染めたり、タバコをすったりといった行為は、
自分たちの特権であり、
仲間以外の人間がそれをするのは、気にくわなかったんだと思う。
「あぁん?おめぇどこのクラスだ?」といった感じ。

自分はグループ外なのに好きなようにやっていた事から、
この不良グループの人達からは広く嫌われていた。
不良グループではない友人に、
「よくやるね、攻撃されるのに」と言われた事があった。
けどそんな事はどうでも良かった。

しかし、
不良グループ内にも、凝り固まった人達だけでなく、
普通に話せる人もいた。

夏休み明けに校則違反の格好をしてきた事で、
「全校生徒が集まる朝礼に出席をさせる訳にはいかない」と
自分とその人と、二人で職員室の前で待たされた。

いつも遊ぶ輪が違う者同士なので、
話す機会はほとんどなかったけど、
注意されるのはわかっていながらも、
なぜこんな格好をして登校してきたのか、
きっと考えている事は同じなんだろうと感じた。

そして職員室の前で二人待たされてる間、
その人は普通に話しかけてくる。
こういう人間が居るという事は、なんだか嬉しかった。
少し違うけど、「同じ人がいる」と感じた。

しかし、今現在どうなったかというと、
だいぶ考え方は変わってしまった。

効率の良さを考えて、より機械的になっていった。
人との接し方も。

今一度、「人の道にそれる事」とは何なのか、
思い返して、
青臭くてもいいから初心に戻ろうと思った今日この頃でした。
posted by 1(いち)
comment:4   trackback:0
[友人の話
「友人からの電話は出ない事が多かった」話
携帯が鳴った。
数少ない友人の中の一人、
サバサバした楽観的な性格のA(仮名)だった。

友人からの電話の場合、
自分はマイペースなので、
何かしている時に電話が鳴ると、
その場では電話に出ず、
後で間が空いた時にかけ直す事が多い。

ただ、今回はすぐに携帯に出てみた。
思い返してみると、
向こうはかけたい時にかけているのだから、
出れる限りは出た方がいいのは当たり前なはず。
なのに、
そんな当たり前の事を考えた事はあったのか、
わからなかった。

そして、昔前職で警察屋さんに行った時
(乱闘があって事情聴取に行く事になった時)
の事を思い出した。
一つ年上のおまわりさんが事情聴取の担当になり、
乱闘事件の事で自分の気がめいっていたのもあり、
気を使って、気さくに話してくれていた。

ほとんど話す事が終わって、
さてどうするかと狭い個室内で二人ぼーっとしてる時、
その時も友人から電話が鳴ったのだった。

警官「出てもいいよ。」
自分「いや、別に大丈夫です。」
警官「いや本当に出て大丈夫だよ、友達?」
自分「そうです。けど大丈夫です。いつも出ない事多いです。」
警官「ひでえええええええええええ」

ハハハ、確かに自分客観的に見てひでえな、
そう思いました。

警官「友達なくすよ!?」
自分「後でかけ直します。」
警官「俺だったらすぐ出るけどねえ。」

とまあ、このおまわりさんは絵に描いたような明るい人だった。
といっても配慮が足りないような能天気ではなくて、
気遣いもできサバサバした気持ちの良い人だった。

「友達なくすよ?」「ひでえ」って言う言葉、
こうはっきり言ってくれるっていうのは、本当にありがたい。

客観的に自分を見て「ひどいな」っていうのはわかっていても、
こうもバッサリ言ってくれる機会というのは、
自分の心の中だけの出来事では中々ない。

そして、話は現在に戻り、
久々に電話にちゃんと出た友人A(仮名)の電話の用件は、
「明日家で鍋しようと思うんだけど、こない?」
という事だった。

自分はそもそも、
人に自分の状況や悩みを言う事はなかったのだけれど、
「今結構忙しいから行けない」という点から、
状況や悩みなんかも話してみた。

この友人に悩み相談をした事は今までなかった。
悩み相談をしたところで、
「よくわかんないけど、ま、明日来れたら来いよ!」
と言われるかもしれないと思っていた。

だけど、そうではなかった。
色々な視点から、親身にアドバイスをくれた。
「この人って、こんな考え方持ってたんだ。」
と、もう8年来の付き合いになるのに、今更気が付いた。

悩みなんてものは、結局は自分がどうするか決めて動くしかない、
それは根本的には変わらないんだけど、
「人に話してもどうにもならない」というのは、
ちょっと違うような気がした。

これからは「電話にすぐ出る」これを目標に追加しようと思いました。
勿論出られない時は出ませんが、その時はすぐにメールを送るとかね。
なんて当たり前の事をしていなかったの・・・・と思うけど、
実際やってなかったのが今までの自分だから隠しても仕方ないという事で
あえてここに記載。羞恥プレイ気持ち良いです。

親身になってくれる友人が居る限り、
色々と頑張ろうと思った、日でした。
posted by 1(いち)
comment:6   trackback:0
[友人の話
「そんなに大切な事なら心の中に刻めばいいじゃん」
小学校時代からの腐れ縁友人ユウ(仮名)の話。

中学生の時、
入れ墨やらタトゥーやらに興味を持ち始めた事がありました。

インターネットで画像や彫り方を検索して、眺めていました。

その履歴から、父親に
そんなものを見ているのかと怒られた事もありました・・・。

そこで、この友人に、
入れ墨やタトゥーの話をしました。

あの図柄にはこういう意味があって・・・
○○って地域では△△を入れる風習があって・・・
こういう時は、忘れない為に■■を刻んだり・・・

そんな話をしていたら言われました。

「そんなに大切な事なら忘れないでしょ。
 そんなに大切なら身体にしないで心の中にでも刻めばいいじゃん。
 わざわざ身体にしなきゃ忘れちゃうなら大した事ないんじゃない。」

・・・

た・・・・

たしかに・・・・

って、そう思いました。

それから、ピアスだとかタトゥーだとかその他、身体に傷を付ける行為は、
辞めようって思いました。

でも、ピアスは放っとけば塞がると思って、
嫌な事があった時に別の形で傷つけるよりはマシと、
その度に開けてみる癖がありましたが、
見た目ではあまりわからないものの、今しこりだらけになりました。
やっぱり、肉体は肉体。
治る事のない傷が残る。

その時はどうでもいいって思っても、
数年後にもし後悔したら、時は戻れないしね。
0歳~80歳でも器はずっと一つだし。

街で、二の腕に大きく、鉛筆彫りかカッターで
「鬼」
と拙い字で書かれている少年を見ると、
後悔・・・しない・・のかな・・・と感傷します。
いやするだろ絶対・・・・・・・

まあ入れ墨やタトゥーの文化ってのは色々あって、
一概に否定も肯定もできるものではないですけど、

この友人のこの言葉は、今も忘れずに自分の中に残っています。

身体をなるべく傷つけたくないな、って。
思ってるだけで完璧に出来ているかは別ですが、
この言葉にずっと支えられて来た部分もあります。
posted by 1(いち)
comment:6   trackback:0
[友人の話
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。